感染症治療のいろは

生きていれば誰しもが必ずかかる「感染症」。もしかかってしまった場合どのような感染症治療を施せばよいのでしょう。そして日ごろからどのような感染症予防を施せば良いのでしょうか?

身近にある感染症と感染症治療法

感染症とは、大気、水、土壌、動物などに存在する病原性の微生物が、人の体内に侵入することで引き起こす病気のことです。
人間は普段の生活の中でも、常に感染症にかかるリスクがあります。
感染しても、症状が現れる場合と、はっきりとした症状が現れない場合があります。症状も軽度なものから、生命に危険を及ぼすようなものもあります。
身近にある感染症には、風邪、インフルエンザ、食中毒、水虫、日本人で約100万人が感染しているといわれる性感染症のクラミジアなどがあります。
流行しやすい感染症には、麻しんウイルスにより空気感染する麻しん(はしか)、風しんウイルスによっておこる急性の発疹性感染症の風しん、インフルエンザウイルスによる感染症のインフルエンザ、他に感染性胃腸炎(ノロウイルス)、O157(腸管出血性大腸菌、水痘(水ぼうそう)、流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)などがあります。
身近にある不治の感染症には、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)やB型肝炎、鳥インフルエンザがあります。
免疫力が高ければ、そもそも感染するリスクは低いですが、高齢者や幼児、病人は免疫力が低いので感染のリスクは高くなります。
感染症は、(1)病原体が体内に侵入する(2)病原体が定着する(3)病原体が増殖する、この3つが揃うことで成立します。
(1)病原体が体内に侵入するのを防ぐには、感染源を隔離したり、消毒や滅菌が有効です。また、正しく手を洗う、マスクを付ける、バランスのとれた食事、適度な運動、睡眠、予防接種なども病原体が体内に侵入するのを防ぐことになります。
感染症治療には主に、(1)薬剤を投与する(2)抗体を投与する(3)サイトカインを投与する(4)対症療法があります。
(1)薬剤は、感染原によって薬剤が異なりますが、大別すると、抗ウイルス剤、抗細菌剤、抗真菌剤があります。
(2)抗体は、スギ花粉を排除しようとクシャミをするように、抗体医薬品を使って異物を体内から除去する治療を抗体治療といいます。
(3)サイトカインは内因性発熱物質とも呼ばれ、ウィルスは熱に弱いので、サイトカインを投与することで発熱を誘導し、増殖を抑制します。
(4)対症療法は、姑息的療法とも呼ばれ、根本的な治療ではありませんが、症状の消失や緩和になります。
感染症には、感染症治療法が確立されているものと、HIVや鳥インフルエンザのように現代医学でも対症療法しか行えないものもあります。
感染、発症、伝染、重症化を防ぐためにも、日常から適切な栄養と休養を取り、予防接種を受け、感染症サーベイランス(感染症 早期探知システム)に関心を持つことが重要です。

<クラミジアの治療にはジスロマックが最適です>
<世界中で服用されているバルトレックスで安心して治しましょう>